2011年 12月 17日

WOREKSのチェーンステッチ

一般的なパンツの裾上げはシングルステッチ仕上げですが、ジーンズに関してはチェーンステッチ仕上げと言うものもあります、ご存知の方も多いとは思いますが、知らない方の為に簡単にご説明します。
b0239960_23415698.jpg

上側のジーンズはシングルステッチで下側がチェーンステッチです、違いはチェーンステッチの方が斜めに
捻れているのが見てわかると思います、これを裾の”パッカリング(あたり)”と呼ばれます。

元々はアメリカで作業効率を上げるために開発されたミシンがビンテージジーンズやレプリカジーンズのブームの時に良いとされ、チェーンステッチがかっこいいとされてきました、リーバイスや80年代以前のジーンズはチェーンステッチで縫われているものが多くてそれと同じようにしてかっこよく穿きたいってことだと思います。
シングルステッチは丈夫ですがあたりが出にくくて、チェーンステッチは少し切れやすいのが難点ですが
あたりがでてやっぱりこの経年変化がかっこいいです!

チェーンステッチはミシンの調整が大事です、チェーンステッチで裾上げしたのにあたりが
出なかった経験はありませんか?
b0239960_013992.jpg

ウォレクスではアメリカ製のUNIONSPECIAL33700KF(ユニオンスペシャル)ミシンを使用しており、
使用糸、縫い幅、運針と調整をしっかりしてますのできれいなパッカリングがでますよ!
b0239960_0222723.jpg

早速、お客さんがご来店して他店のチェーンステッチの仕上がりが良くなかったみたいで当店で縫い直しさせていただきました。
 
・チェーンステッチ仕上げ【1cm幅】¥900+tax (裾幅調整ありは+¥300)
・シングルステッチ仕上げ¥600+tax (特殊素材は+¥100)

※当店にてフィッテイングさせていただく場合と裾の糸を解かなければ縫い直せない場合は
 それぞれ別途¥100+taxかかります。


たかが裾上げかもしれないですが外でジーパン穿いてる人の裾見てますのでこだわってるか、ないか
すぐわかっちゃいますよー! 店主
[PR]

by woreks | 2011-12-17 22:45 | SHOP | Comments(0)


<< 両ひざの全体リペア      もうすぐクリスマス >>