2012年 01月 10日

WOREKSの裾ユーズド加工

ユーズド加工のジーンズを買わない、買えない理由の一つが”裾の加工がなくなること”と、アンケートを
とっていませんが5割を占める予想をしてます、。
そんな方の為に当店の裾ユーズド加工について。
b0239960_032074.jpg

せっかく裾にあたりが出ていますがカットしてお客さんの長さでチェーンステッチで仕上げ、
ここから違和感のないように手作業で裾に加工を施します。
b0239960_0321022.jpg

こちらが加工後です、今まで何百本と裾加工してますのでそれぞれの色落ちに合して、その都度
染料を調合したりと、元々の裾まではいきませんが、ジーンズの雰囲気に合してやりすぎず、自然な感じで
穿いてもらえるように加工してます、今回ダメージは入れていませんが、お好みにより元々の裾みたいに
ダメージも追加で入れることも出来ます。
b0239960_0322141.jpg

裾の裏側も加工しています、お客さんのご要望です。
b0239960_03240100.jpg

こんな感じでロールアップされる方は裏面まで加工してください!


・裾ユーズド加工¥3000+tax(裏側まで+¥1000、ダメージ+¥500)


ジーンズを穿いて裾がこの雰囲気になるころには生地自体も弱ってリペアをしないとだめなことが多い
のですが、裾ユーズド加工の良い点は見た目より生地自体にはダメージがほぼないので無理やりの
加工なのですが、そこから裾がリペアいらずで長持ちですよー! 店主
[PR]

by woreks | 2012-01-10 23:12 | SHOP | Comments(0)


<< 音楽ネタVOL.7      シャツ着丈詰め >>